So-net無料ブログ作成
検索選択
RSS [RSS1.0] [RSS2.0]
共謀罪を含む改悪組織犯罪処罰法は
【「共謀罪」法 衆参両院議員の投票行動(東京新聞 2017/6/16)】

So-net光コラボレーションへの接続は月初めの1日にしよう

追記(2017/4/18):
 「ルータ接続IDサービス」は2017年8月31日に終了します。
 【ルータ接続IDサービス サービス終了のお知らせ|So-net|お知らせ】

 【So-net光コラボレーションの接続用IDに注意】で書いたように、私はソネットの接続サービスを「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」から「So-net 光 コラボレーション」に変更した。前回のブログでは次のように書いた。

「ルータ接続IDサービス」を利用している「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」のユーザーは「So-net 光 コラボレーション」に転用した場合、ひかり電話ルータの「接続先設定(IPv4 PPPoE)」の「メインセッション」の「接続先ユーザ名」を「ルータ接続ID」から契約時の「接続用ID」に変更しないと、転用が完了しないのではないだろうか。それとも、私が「接続先ユーザ名」を変えた時刻と、NTTが転用を完了して「フレッツ光メンバーズクラブ」を利用できなくした時刻が偶然に一致したと考えるべきだろうか?
So-net光コラボレーションの接続用IDに注意

 いまだに、「So-net 光 コラボレーション」利用開始日は「接続用ID」での接続日なのか、私の場合は「接続用ID」での接続日と利用開始日が偶然に一致したのか分からない。しかし、ここでは、『「So-net 光 コラボレーション」利用開始日は「接続用ID」での接続日』として書く。

 私は「So-net 光 コラボレーション」利用開始日は月末に近かった。これは、次のページに書いてあることを踏まえてソネットに確認したからである。

コース変更のタイミングについて
変更後の回線が開通又は、利用開始になった月の翌月に、ご利用のコースが新しいコースに変更されます
回線が開通した月は、変更前のコースの料金がかかります
コース変更のタイミングによって、違約金がかかる場合がございますので、ご注意ください。
コース変更の手順 | すでにSo-netをご利用中のお客さまへ | インターネット接続 | So-net

 「So-net 光 コラボレーション (転用)」のキャンペーンのページでは料金の所に「ご利用開始月の月額基本料金は、標準サービスとして無料です」と書いてある。もしも、その通りであれば、利用開始日は月初の1日にした方が良い。しかし、現実は【コース変更の手順】に書いてある通り、利用開始月は変更後のコースの料金は無料だが、代わりに変更前のコースの料金を支払うことになる。もしも変更後のコースの方が安ければ、できるだけ早く変更後のコースの料金に変わった方が良い。そのためには月末でも利用を開始して翌月から安い料金にした方が良い。利用開始日を翌月の月初にしたら、その月は変更前の高い料金を支払うことになるからである。
 しかし、これはソネットに支払う料金の話である。

 「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」から「So-net 光 コラボレーション」にコース変更する場合、NTTに支払う料金のことを忘れてはいけない。
 NTTの【転用のお申し込みにあたりご同意いただきたい事項】に次のように書いてある。

【ご利用料金の請求について】

●光コラボレーション事業者様とのご契約となるサービスについて
  • 転用日前日までの月額利用料等は日割(1日単位で計算)して、NTT東日本からご請求いたします。なお「フレッツ・テレビ伝送サービス」及び「リモートサポートサービス」(平成27年3月1日以降にご利用開始された方)は、転用日の当月利用料分は日割をせずに月額利用料をNTT東日本からお客様にご請求いたします。
  • 転用日以降の利用料等は、光コラボレーション事業者様にお問い合わせください。
  • 日割となるサービスの請求書の扱いについて、詳細はこちらをご確認ください。
転用のお申し込みにあたりご同意いただきたい事項

 【詳細はこちら】では「2/13に転用先の光コラボレーション事業者様に転用のお申し込みをし、2/18が転用日となった場合」の例が載っている。図を引用させていただく。

「2/13に転用先の光コラボレーション事業者様に転用のお申し込みをし、2/18が転用日となった場合
NTT東日本 | 月額利用料等が日割となるサービスの請求書の扱いについて | フレッツ光

 NTTは「So-net 光 コラボレーション」利用開始日(転用日)以降の料金は請求しない。ソネットは利用開始日から月末までの料金は利用開始前のコースの料金を請求する。すなわち、NTTの例では、「2/18 ~ 2/28 ご利用分」の所が、ソネットに支払う「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」の料金(私の場合は割引を利用しているので1000円+消費税)だけで、光回線が利用できるのである。

 私の場合(「So-net長割forフレッツ」と「にねん割 | NTT東日本 | フレッツ光」を利用)をシミュレーションすると次の通りである。

  • フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ(戸建て):5,200円/月(日割り有り)
  • にねん割(NTT東日本):-700円/月(日割り有り)
  • マンスリーポイント(NTT東日本):-300円/月(日割り無し)
  • So-net 光 with フレッツ S(ファミリー):1,200円/月
  • So-net 長割 for フレッツ:-200円/月
  • So-net 光 コラボレーション:5,700円/月
  • So-net 長割 for 光 コラボレーション:-500円/月
  • So-net 割引キャンペーン:-100円/月

 もしも、3/1が「So-net 光 コラボレーション」利用開始日(転用日)であれば、3/1~3/31は、「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」の料金 1080円(1000円+消費税80円)で光回線が利用できた。もちろん、2/28までの分はSo-netに支払う 1080円の他にNTT東日本に「光ネクスト」利用料 4536円(4200円+消費税336円)を支払う必要がある。2/1~3/31の料金は合計で6696円である。
 もしも、2/28が「So-net 光 コラボレーション」利用開始日(転用日)であれば、3/1~3/31は「So-net 光 コラボレーション」の料金 5508円(5100円+消費税408円)を支払う必要がある。2/28までの分はSo-netには「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」の料金 1080円(1000円+消費税80円)、NTT東日本には2/27までの日割りで「光ネクスト」利用料 4362円(4039円+消費税323円)を支払う(端数の扱いは不明)。2/1~3/31の料金は合計で10950円である。
 3/1ではなく2/28に、たった1日早く利用を開始したことで、4254円も余分に支払わなければいけない

 私は、「So-net 光 コラボレーション」への転用手続き後、「ルータ接続ID」を使い続けたことで利用開始日(転用日)が遅れた。これだけでも、NTT東日本に支払う料金が日割りで増えていた。しかし、「接続用ID」での接続を試す日を3/1にしていれば、3/1~3/31の利用料は「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」の料金 1080円で済んでいた。月末に「接続用ID」での接続を試してしまって大損した。3月利用分だけで4428円も節約できたのである。
 NTTの【転用のお申し込みにあたりご同意いただきたい事項】の記述「転用日前日までの月額利用料等は日割(1日単位で計算)して、NTT東日本からご請求いたします」をちゃんと理解して申し込めば良かったと後悔している。
 このブログを読んだ方は、私のような失敗をしないよう注意してほしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
カテゴリー:サイトを見て
共通テーマ:パソコン・インターネット

読者の反応

nice! 0

sonet-asin-area

コメント 0

コメントを書く 

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。
captcha

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました